ビジネス名刺のサイズ

名刺は自分を紹介するという役割があります。もしも趣味で名刺を作成するのであれば、自分の思うままにデザインしても問題はないでしょう。しかし、名刺の目的が人に伝えるために作るということであれば、名刺作成の際に気をつけておくと良いポイントがあります。

名刺のサイズ作る際のポイントというのは、名刺のサイズです。ビジネス用途に名刺を作る際、業者を通して作る時にどれくらいのサイズの名刺を作るのか聞かれると予想されます。もらったことのある方はわかるかもしれませんが、名刺のサイズは統一して使っている方が多く見受けられます。必ずこの大きさにしなければならないということはありません。しかし、収納しやすくするという利点も含め、名刺を作成する際には一般的によく使用される名刺サイズを選ぶと貰い手も受け取りやすいです。ここで、よく使用される名刺の大きさの例をご紹介します。使用されることの多いとされている名刺の大きさは55ミリメートル×91ミリメートルのサイズの名刺となっています。どちらが横で縦なのか分からなくなりそうですが、この大きさであれば縦と横のサイズはどちらでも構いません。

ちなみに、この名刺の大きさより小さいものや、ややサイズの大きいものが存在します。また紙一枚の名刺だけではなく、二つ折りにしてある名刺も使われることがあり、この名刺のタイプは一般的に見る名刺と比べると、より多くの情報が記入できるのがポイントです。

ビジネス名刺掲載情報

名刺を渡す業者にビジネス用の名刺作成依頼をする前に、どんなことを記入するのか伝える機会があるのではないでしょうか。仕事を増やすうえで相手に印象を残すことも大切なことです。そのための手段の1つ名刺を渡すという行為が存在します。とはいえ名刺を渡すよりも先に、印象に残る名刺作りをしていかなければならないでしょう。名刺作りで困る点として、名刺に何を記入するのかが挙げられます。

趣味での使用用途であれば、自分の思うままに作るもよしと言えます。しかし、ビジネスを目的として作る時には、きちんと記入して置かなければならないことがいくつかあります。自分の名前は記入すること前提ですが、まず記入して置かなければならない項目には、会社名と社内での自分の役職を記入する必要があるでしょう。名前だけでも伝わる場合もあります。しかし、特に初めて合うという方には詳細に自分がこの会社のどのような部分を担っているのかも示す役職の記載があった方が相手にとっても分かりやすいです。

次に記載して置くべき項目は連絡先です。これはこれから仕事の幅を広げるためにも有効な項目と言えるでしょう。連絡先を記入する場合には、自分がよく使用する連絡ツールのアドレスなどの記載をおすすめします。

ビジネス名刺のサイズ

ビジネス名刺フォント

名刺デザインで自分の個性や会社の印象を与えられるとも言われます。したがって、業者に頼む際にもビジネス用途の名刺テンプレートだけで豊富な種類が存在しているのです。
しかし、デザインは名刺の色使いやテンプレートにあるようなベースのデザインだけではありません。この他にフォントにもこだわってみてはいかがでしょうか。

こだわり文字に変化をつけても、どれも同じようなものだろうと考える方もいるでしょう。実際に見比べてみると分かりますが、選ぶフォントによって同じ文章でも違って見えてくるものです。フォントの例として2つ挙げてみましょう。1つ目のフォントには明朝体が挙げられます。明朝体は小説にも取り入れられる機会も多いフォントになります。したがって、読む時に読みやすいという声もあります。それもあって知的さなどを相手に伝える場合にこの明朝体を用いた名刺を使用する方も少なくありません。

2つ目に挙げられるフォントには 楷書体が挙げられます。本来、私たちが手書きで書く文字は止めや、はねがあるためこの楷書体の文字も見やすいと言えるでしょう。特に書道ではこの点を重要なものとして文字を書くことからも分かるように、日本の文化を表す書体でもあるでしょう。そのため、この名刺は着物屋であったり日本の文化を取り入れたお店を営んでいたりする方にぴったりです。

ビジネス名刺掲載情報

ビジネス用の名刺作り

仕事をするときに自己紹介の代わりとしても名刺は必要です。このような場合をビジネス用途の名刺と呼ばれます。名刺と言えば仕事や社会人の方が持つ印象なのではないでしょうか。実際に合った時の印象も大切ですが、これだけ自分を表す役割を担う名刺を作る際には細かなところまでこだわって作ってみてはいかがでしょうか。

毎日何かしらの文字を見る機会も多いです。そんな中で名刺作りにもまずフォントが関わってくるのです。名刺作りをする際に、フォントはどれであっても一緒だという方もいるでしょう。ところが名刺作成で使うフォント次第で、名刺の雰囲気はガラッと変わってきます

ビジネス仕事にその仕事特有の雰囲気があります。したがって、ビジネスで使う名刺を業者に依頼するときにはフォントまで自由に選択できるところをおすすめします。フォントのデザインが決まったところで、次に気にするべきことはどんなことを記入するかです。基本的には、自分の役職や名前を載せたものとなっています。この名刺に記載する情報もフォントと同じように個人でお店をしているのであれば、店の場所を示す小さなマップを付ける工夫も良いでしょう。ところで意識せず受け取っている方も少なくありませんが、名刺は一般的に使われるサイズというのが決まっています。このサイズの他にも大きさはさまざまですが、受け取りやすさを考えると良く使用されるサイズにする方が無難でしょう。

業者に名刺作りを頼むときに、すぐに終わりそうなイメージもあります。とはいえ、いざ作ろうとすると大きさなど細かいところが気になるものです。ビジネスで使う名刺を作成する際に、気になる要点について詳しく紹介しています。これからビジネス用途で名刺を作るという方にとって、有益な情報を提供できれば幸いです。

ビジネス名刺フォント